本文へスキップ

新たなタイプの界面活性剤を有機合成し,それらの溶液物性を明らかにする

〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町12-1 東京理科大学工学部工業化学科

新たなタイプの界面活性剤を有機合成し,それらの溶液物性を明らかにする

  • image
  • image
  • image
  • image


  • image


  • image


東京理科大学 工学部工業化学科 近藤研究室

当研究室では,両親媒性分子(界面活性剤 = 分子内に疎水基と親水基をあわせもつ化合物)を扱っています。洗剤や洗剤の親戚を相手にしていると言った方がわかりやすいでしょうか。私たちの体は,両親 媒性分子が精緻に自己集合したもので,体内では様々な分子集合体が生命活動に関わっています。また,毎日の洗濯やシャンプー,牛乳やバター,ローションや クリームなど,あらゆる場所に界面活性剤とその集合体を見出すことができます。このように界面活性剤は非常に身近な化合物です。 界面活性剤の研究,とくに工業的な側面からの応用に関する研究は,1900年代中頃から活発になされてきました。「表面張力の低下」,「可溶化」,「乳 化」,「分散」,「湿潤」,「ぬれ」等の界面活性剤の特性は,どれをとっても私たちの生活に役立ってきました。この観点から,当研究室では,「新たな界面 活性剤の特性もきっと私たちに役立つであろう」とやや楽観的ではありますが,期待をもちつつ研究に取り組んでいます。

当研究室では,従来の界面活性剤とは分子構造が異なる新たなタイプの界面活性剤を有機合成し,それらの溶液物性を明らかにすることを一つの目的としていま す。また、このように身近な界面活性剤の自己集合形態がどのように決定されるかを追究し,その集合体の機能や形成機構を工業分野を初めとする様々な分野に 応用することを精力的に目指しています。

NEWS新着情報

2018年4月1日
齋藤典生先生が助教に着任しました。
2018年4月1日
助教の煖エ裕先生が東北大学(栗原研)へ異動されました。
2017年9月7日
祝!!M2 芥子川さんが、2nd Asian Conference on OleoScience(東京理科大学)で 「Best Poster Award」を受賞しました。
2017年9月7日
祝!!M1 菅井君が、第68回コロイドおよび界面化学討論会(神戸大学)で 「ポスター賞」を受賞しました。
2017年5月
フッ素系液体と炭化水素系液体の非相溶性を利用したhollow particleの作製に関する研究が、J. Fluorine Chem.に論文として掲載されました。
2017年3月20日
サイトをリニューアルしました。
2016年11月14日
祝!!M1 小松原君が、11月に開催された2016年色材研究発表会(大阪大学)で 「優秀講演賞」を受賞しました。
2016年3月
近藤教授が、251st American Chemical Society National Meeting (San Diege, US)で招待講演を行いました。
2016年1月22日
祝!!高橋助教が、「日本油化学会関東支部若手奨励賞」を受賞しました。 受賞研究題目 「フェロセン修飾界面活性剤を用いたエマルションのredox挙動」
2015年5月2日
研究室OBOG会を開催しました。
2014年10月15日
祝!!小泉さんが、9月に開催された日本油化学会第53回年会(札幌市ロイトン札幌)で 「学生奨励賞」を受賞しました。
2014年4月1日
論文"Gold-Colored Organic Crystals of an Azobenzene Derivative"がACS誌Langmuirにアクセプトされました。
2013年12月19日
論文"Photoinduced Demulsification of Emulsions Using a Photoresponsive Gemini Surfactant"がACS誌Langmuirにアクセプトされました。詳しくはこちら

バナースペース

東京理科大学 近藤研究室

〒162-0826
東京都新宿区市谷船河原町12-1
東京理科大学工学部工業化学科

E-mail:ykondo(at)rs.tus.ac.jp